学費



ローンによっては、遠隔地に通学するのに必要なアパート代や下宿費のほか、寄付金といった諸費用も合わせて融資を受けられるように定めている場合もあります。

そのため信販会社の中には、学校と加盟店契約を結んで授業料を立替え、保護者や学生が分割払いで返済する割賦販売あっせん方式を取り入れたところもあります。教育ローンにおける学費の定義は何でしょうか。これは、他のノンバンクから無担保で借りている残高と合計して3割です<巻き爪 病院>。



もっとも、多くの場合は、受験料や教科書代、学校生活で必要となる物品購入費(パソコンなど)なども含まれるようです<巻き爪 治療>。通学に必要であるとはいえ、自動車教習所の費用であったりバイクの購入費などは融資の範囲から除かれるのが普通です<巻き爪 矯正>。このため、教育ローンも年収の3割までの金額しか融資を受けられなくなっています。



そういったものは自動車ローンに含まれます。平成22年に施行された改正貸金業法によって、ノンバンク系の教育ローンによる学費の貸付は総量規制に入ることになりました。学費の貸付機関には、銀行系とノンバンク系があります。

金融機関によっては、入学募集要項や学費納入書に記載された金額のみに限定している場合があります<巻き爪・巻きつめ・まき爪・まきづめ(治療・矯正・病院選び)>。教育ローンでは学費の範疇として認められていません。大学や専門学校の中には、取引銀行と提携して学費貸し付け用の独自の教育ローンをつくり、学生が利用できるようにしている場合もあります<巻き爪>。

2014-06-07 : 未分類 :
« next  ホーム  prev »