失業保険



失業保険

非正規雇用労働者の雇用保険の適用基準は、平成21年4月1日に緩和され、「6か月以上の雇用見込みがあること」とされていました。さらに多くの働く人たちが雇用保険に加入しやすく、そのメリットを受けられるようにするため、雇用保険制度が改正されました。

雇用保険制度は、労働者が失業した場合などに必要な給付を行い、労働者の生活や雇用の安定を図るとともに再就職の援助を行うことなどを目的とした、雇用に関する総合的な機能をもった制度です。短期労働や派遣社員などの雇用形態で働く人は多く、それらの人たちの雇い止めや解雇など雇用に対する不安は続いています。

雇用保険が適用される「労働者」は雇用保険法で定められています。

労働者を一人でも雇用する事業は、業種や規模を問わず、すべて雇用保険の適用事業となり、そこで雇用される労働者が雇用保険の被保険者となります。
2012-09-20 : 未分類 :
« next  ホーム  prev »