アミノ酸シャンプーはいいのですか?

短期的に効果やアレルギー成分が出やすいのは1割のエキス類や防腐剤などで残りの9割は、長期的に頭皮に良い影響か悪い影響になっていきます。ドラックストアや薬局では多くシャンプーが置かれていますが、洗浄成分はアミノ酸系でも非常に多くあり、組み合わさって出来ているため理解しにくくどれがアミノ酸シャンプーなのか分からない事も多いのではないでしょうか。ですのでなるべく刺激の少ないシャンプーを選んでみると良いでしょう。

特に女性の頭皮に限らず皮膚は男性よりも水分量が豊富ですから、洗浄力が強いと髪を構成しているケラチン(アミノ酸)が流出してしまい髪のうるおい感が欠けてしまいます。短期的に使用感が良かったり感触が良かったりする相性の良いシャンプーを探している事もあると思いますが、長期的に見てシャンプーは良さが決まります。アミノ酸シャンプーに限らず、洗浄成分は9割、残りのエキス類などは1割ほどです。

無添加シャンプー、弱酸性シャンプー、ノンシリコンシャンプーなど色々な種類が多くなっている様に感じるシャンプーですが、どれも広い意味で成り立っています。また、なるべく短期的に見ても長期的にみても使用感や効果の良い相性の良いシャンプーを見つけてみてくださいね。

アミノ酸シャンプーもアミノ酸洗浄成分が少しでも含まれているとアミノ酸シャンプーと呼べるんですよね。ですのでシャンプーの洗浄成分が分からないとどのシャンプーが本当に良いのか分からないものです。
2011-10-16 : シャンプー :
« next  ホーム  prev »